小関舞 テストで答えが分からない時の当て方「その選択肢を見つめるの」

カントリーガールズの只今ラジオ放送中
2018年6月10日
小関舞・船木結

 

リスナーメール:舞ちゃんは、答えが分からない時の当て方のコツなどは知っていますか?おぜふな流の、分からないテストとの戦い方を教えて下さい

小関:はい!

船木:っていう事です

小関:え、舞は。あのーなんか

船木:はい

小関:実力試験とかだと、マークシートじゃないですか

船木:あーはい

小関:ほんっと分かんないんですよ…

船木:ほとんど選択肢ですもんね

小関:イヤほんっと分かんないんですよ…。だからあの、例えば英語とかさ、ここに入る

船木:はい

小関:前置詞をこうやって「is」とか「am」とかさ、あんじゃん。それを、なんかもう分かんないから

船木:はい

小関:こう、まずね、その選択肢を見つめるの

船木:はいはい

小関:そうすると(笑)なんかその、例えば5個あったら、なんかそれにしか目が行かない時があるの

船木:おー運命(笑)

小関:あれ?なんか「3番から何かを感じる…」みたいな

船木:はい

小関:「……あぁ3かぁ…」みたいな

船木:あーすごい(笑)

小関:もう、1つずつ見つめていくんです!こうやって、全部を

船木:へ~

小関:そしたら「あれ…?これじゃん…」ってなる

船木:意外と合ってますか?

小関:…まぁまぁ

船木:(笑)

小関:そこはまぁ…

船木:合ってないんかーい(笑)

小関:まぁでもでも!悩まないじゃないですか(笑)

船木:あーそうですね、いいですね(笑)

小関:そう(笑)悩んでると、分かる問題も時間無くなっちゃって意味ないから

船木:そうなんですよー

小関:分かんないやつは、もう飛ばすんですよ!